クルマ

車のガラスのウロコ取りにクエン酸はダメ?効果的な除去方法をご紹介!

目安時間 8分
  • コピーしました

洗車しても、車のガラスに付いたウロコが取れないときがあります。

 

そんな時、「車のガラスのウロコはクエン酸を使えば取れるんじゃないのかな?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

私は、車のガラスのウロコ取りに【クエン酸は使わないほうがいい】という考えです。

 

その理由について、後ほどお伝えします。

 

また、車のガラスのウロコが取れないときの効果的な除去方法もご紹介します。

 

車のガラスのウロコ取りにクエン酸を使わないほうがいい理由とは?

冒頭でもお伝えした通り、私は、車のガラスのウロコ取りにクエン酸は使わないほうがいいという考えです。

 

その理由についてお伝えします。

 

理由は、【車の塗装剥がれに繋がる可能性がある】からです。

 

車のガラスのウロコ取りにクエン酸を使っている最中、クエン酸が車の塗装部分に付いてしまった場合、塗装が剥がれてしまうことがあります。

 

最初は小さな塗装剥がれだった部分が、時間が経つにつれて徐々に大きくなることもあります。

 

塗装が剥がれた部分をそのままにしておくと、サビができやすくなります。

 

クエン酸は手頃な価格で購入できますし、様々な水回りの水垢落としに使える便利なアイテムです。

 

しかし、万が一のことを考えた場合、車のガラスのウロコ取りにクエン酸を使うのはやめたほうがいいと私は思います。

車のガラスのウロコが取れないのは何故?

洗車をしても車のガラスのウロコが取れないのは何故か?についてお伝えします。

 

それは、【車のガラスに付いたウロコは、衣類に付いたシミ汚れと同じようなもの】だからです。

 

衣類に付いたシミ汚れは、時間が経てば経つほど取れにくくなります。

 

シミ取りを先延ばしにしてしまうと、洗濯機に入れて洗濯をしても、衣類に付いたシミ汚れは取れなくなります。

 

車のガラスに付いたウロコも同じで、時間が経てば経つほど取れにくくなります。

 

車のガラスが乾いた状態でウロコがはっきりと見える場合は、車のガラスにウロコが付いてからかなりの時間が経っている状態です。

 

そのため、洗車をしても車のガラスに付いたウロコが取れないのです。

車のガラスのウロコが取れないときの効果的な除去方法とは?

車のガラスのウロコが取れないときの効果的な除去方法をご紹介します。

 

その方法は、【車のガラス用ウロコ取りクリーナを使う】という方法です。

 

車のガラス用ウロコ取りクリーナを使うことによって、洗車だけでは取ることの出来なかった車のガラスに付いたウロコを取ることが期待できます。

 

専門業者に頼めば、キレイに車のガラスのウロコを取ってもらえますが、その分、費用がかかります。

 

自分で車のガラスのウロコ取りができれば、経済的です。

 

車のガラス用ウロコ取りクリーナーは、カー用品店などで購入することができます。

 

今は、たくさんの車のガラス用ウロコ取りクリーナーが販売されています。

 

価格帯も幅広いです。

 

私の場合、どの車のガラス用ウロコ取りクリーナを選んだらいいのかわからなかったので、定員さんに選び方を教えてもらいました。

 

定員さんから教えてもらったことを元に、予算と相談しながら選びました。

 

私のように、どの車のガラス用ウロコ取りクリーナーを選んだらいいのかわからないという方は、定員さんに聞いてみるといいと思います。

車のガラスのウロコ防止に有効な対策とは?

車のガラスのウロコ防止に有効な対策をご紹介します。

 

ご紹介する対策は、私自身も車のガラスにウロコがつかないようにするために行っている対策です。

定期的に車を洗車する

定期的に洗車をすることで、車のガラスにウロコがつくのを防止することが期待できます。

 

私の場合、最低でも1週間に1回は洗車をするようにしています。

 

以前は、1ヵ月に1回位と洗車をするまでの間の期間は長かったです。

 

洗車は手間がかかるので出来れば最小限に抑えたかったのが理由です。

 

最低でも1週間に1回は洗車をするようになってからは、以前よりも車のガラスにウロコが付きにくくなりました。

 

ウロコが付いたとしても簡単に取れるようになりました。

洗車後に車のガラスに付いている水滴をしっかり拭き取る

洗車後に車のガラスに付いている水滴をしっかり拭き取ることも、車のガラスのウロコ防止につながります。

 

私は、洗車後に車のガラスに付いている水滴はしっかり拭き取るように心掛けています。

 

洗車後の水滴には、多くの不純物が含まれています。

 

多くの不純物を含んだ水滴が車のガラスに付くウロコの原因の1つと言われています。

車のガラスに撥水コーティング剤を使う

車のガラスに撥水コーティング剤を使うのが洗車を定期的にする時間がない方にとって最適なウロコ防止対策です。

 

私自身も車のガラスに撥水コーティング剤を使っています。

 

車のガラスに撥水コーティング剤を使うことで、ウロコの原因の1つと言われている不純物を含んだ雨水を弾くことができます。

 

撥水コーティング剤は、カー用品店などで購入できます。

 

1回の使用で約2ヵ月間位効果が持続するものもあるので、予算に合わせて選ばれるといいと思います。

 

車のガラスに撥水コーティング剤を使うときは、キレイな状態のガラスに使うことが重要です。

まとめ

クエン酸を使っての車のガラスのウロコ取りは、塗装剥がれにつながる可能性があるため、やめたほうがいいです。

 

車のガラス用ウロコクリーナーを使うことで、洗車では取れなかったウロコを取ることが期待できます。

 

また、車のガラスのウロコが取れた際は、車のガラスにウロコを付きにくくするための防止策を行うことも大切です。

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: