クルマ

車のガラスのウロコ取りにクエン酸はダメ!効果的な除去方法をご紹介!

目安時間 7分
  • コピーしました

車のガラスのウロコ取りにクエン酸の使用を考えている方もいらっしゃると思います。

 

この記事では、車のガラスのウロコ取りにクエン酸の使用を考えている方に向けて、私からお伝えしたいことがあります。

 

最初に結論からお伝えさせていただきます。

 

私は、【車のガラスのウロコ取りにクエン酸を使用するのはやめたほうがいい】と思います。

 

理由は、この後、お伝えします。

 

また、車のガラスのウロコの効果的な除去方法もご紹介します。

 

車のガラスのウロコ取りにクエン酸を使用するのはやめたほうがいい

冒頭でお伝えしましたが、私は、車のガラスのウロコ取りにクエン酸を使用するのはやめたほうがいいと思います。

 

理由は、【車のボディの塗装剥がれに繋がってしまうことがあるから】です。

 

塗装が剥がれた部分の面積が最初は小さくても、時間が経つにつれて徐々に面積が大きくなることもあります。

 

また、塗装が剥がれた部分をそのまま放置しておくと、サビができてしまいます。

 

クエン酸は手頃な価格で購入できますし、ガラスのウロコ取りにも使用できる便利なアイテムです。

 

しかし、万が一のことを考えた場合、車のガラスのウロコ取りにはクエン酸を使用するのはやめたほうがいいと私は思います。

洗車をしても車のガラスのウロコが取れない理由

洗車をしても車のガラスのウロコが取れない理由をお伝えします。

 

理由は、【頑固なシミ汚れになっているから】です。

 

車のガラスに付着したウロコは、衣類に付着したシミ汚れと似ています。

 

付着してから時間が経てば経つほど取れなくなります。

 

車のガラスが乾いた状態でウロコがはっきりと見える場合は、ウロコが付着してからかなりの時間が経っています。

 

そのため、カーシャンプーで洗車をしただけでは車のガラスに付着したウロコを取りきるのは難しいです。

車のガラスのウロコが取れないときに効果的な除去方法

車のガラスのウロコが取れないときに効果的な除去方法をご紹介します。

 

その方法は、【車のガラス用ウロコ取りクリーナを使用する】という方法です。

 

車のガラス用ウロコ取りクリーナには、頑固なウロコを取ってくれる成分が配合されています。

 

そのため、洗車をしても取ることが出来なかったウロコを取ることが期待できます。

 

専門業者に依頼すると、車のガラスに付着したウロコはキレイに取ってもらえますが、費用は安くはありません。

 

自分で車のガラスのウロコ取りができれば、出費を抑えることができます。

 

車のガラス用ウロコ取りクリーナーは、カー用品店などで購入することができます。

 

今は、たくさんの車のガラス用ウロコ取りクリーナーが販売されています。

 

価格帯も幅広いです。

 

私の場合、どの車のガラス用ウロコ取りクリーナを選んだらいいのかわからなかったので、定員さんに選び方を教えてもらいました。

 

定員さんから教えてもらったことを元に、予算と相談しながら選びました。

 

私のように、どの車のガラス用ウロコ取りクリーナーを選んだらいいのかわからないという方は、定員さんに聞いてみるといいと思います。

車のガラスのウロコ防止に効果的な対策

車のガラスのウロコ防止に効果的な対策をご紹介します。

 

ご紹介する対策は、私自身も行っている対策です。

定期的に車を洗車する

定期的に洗車をすることで、車のガラスにウロコが付着するのを防止することができます。

 

私の場合、最低でも1週間に1回は洗車をするように心掛けています。

 

以前は、1ヵ月に1回位と洗車をするまでの間の期間は長かったです。

 

洗車は手間がかかるので出来れば最小限に抑えたかったのが理由です。

 

最低でも1週間に1回は洗車をするようになってからは、以前よりも車のガラスにウロコが付着しづらくなりました。

 

ウロコが付着しても以前に比べると、簡単に取れるようになりました。

洗車後に車のガラスに付着した水滴をしっかり拭き取る

洗車後に車のガラスに付着した水滴をしっかり拭き取ることも、車のガラスのウロコ防止につながります。

 

私は、洗車後に車のガラスに付着した水滴をしっかり拭き取るように心掛けています。

 

洗車後の水滴には、多くの不純物が含まれています。

 

多くの不純物を含んだ水滴がウロコの原因の1つと言われています。

車のガラスに撥水コーティング剤を使用する

洗車を定期的にする時間がない方にとって最適なウロコ防止対策です。

 

私自身も車のガラスに撥水コーティング剤を使用しています。

 

車のガラスの撥水コーティング剤は、ウロコの原因の1つと言われている不純物を含んだ雨水を弾いてくれます。

 

撥水コーティング剤は、カー用品店などで購入できます。

 

1回の使用で約2ヵ月間位効果が持続するものもあるので、予算に合わせて選ばれるといいと思います。

 

車のガラスに撥水コーティング剤を使用する際は、キレイな状態のガラスに使用することが重要です。

まとめ

クエン酸を使っての車のガラスのウロコ取りは、塗装剥がれにつながる可能性があるため、やめたほうがいいです。

 

車のガラス用ウロコクリーナーを使用することによって、洗車では取れなかったウロコを取ることが期待できます。

 

また、車のガラスのウロコが取れた際は、車のガラスにウロコを付きにくくするための防止策を行うことが大切です。

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: