クルマ

車のフロントガラスの凍結にぬるま湯は大丈夫?凍結防止に効果的な方法をご紹介

目安時間 7分
車のフロントガラスの凍結にぬるま湯は大丈夫?
  • コピーしました

「車のフロントガラスが凍結したとき、ぬるま湯をかけても大丈夫なの?」という疑問を持っている方もいらっしゃると思います。

 

車のフロントガラスが凍結したとき、【ぬるま湯はかけないほうがいい】です。

 

理由については、後ほどお伝えします。

 

また、雪国に住んでいる私が、車のフロントガラスの凍結防止に効果的だと感じた方法もご紹介します。

 

車のフロントガラスが凍結したとき、ぬるま湯をかけないほうがいい理由とは?

冒頭でもお伝えしましたが、車のフロントガラスが凍結したとき、ぬるま湯はかけないほうがいいです。

 

理由は、【車のフロントガラスが割れる可能性がある】からです。

 

熱湯をかけると割れる可能性があるということは知られていますが、実は、ぬるま湯をかけても割れる可能性はあります。

 

日常生活の中で車を使っていると、道路に転がっている小さな飛び石などによって、車のフロントガラスにキズやヒビが入ったりすることがあります。

 

キズやヒビが入った状態の車のフロントガラスは、強度が低下するため、ぬるま湯でも割れてしまうことがあります。

 

車のフロントガラスが割れてしまった場合、修理や交換費用は決して安くはありません。

 

そのため、車のフロントガラスが凍結したとき、ぬるま湯はかけないほうがいいです。

車のフロントガラスが凍結したとき、最も効果的な対処法とは?

車のフロントガラスが凍結したとき、最も効果的な対処法についてお伝えします。

 

最も効果的な対処法と言われているのは、解氷スプレーを使って溶かす方法です。

 

解氷スプレーには、氷を解かす成分が使われています。

 

その成分の特性を活かして、車のフロントガラスの凍結を解消することができます。

 

解氷スプレーは、カー用品店やホームセンターなどで購入することができます。

 

安いものは1本あたり200円位から、高いものであれば1500円位で購入できます。

 

解氷スプレーを使う際の注意点は、

 

■ワイパーを立てた状態で使用する

■霜が解けたらタオルで拭き取る

 

上記2点です。

 

解消スプレーの液体がワイパーゴムについてしまうと、ワイパーゴムの劣化を早めることにつながるので、ワイパーを立てた状態で使うことが大切です。

 

また、溶けた霜をタオルでしっかりと拭き取らないと、走行中に再凍結してしまう可能性があるので、霜が解けたらタオルでしっかり拭き取ることも重要です。

車のフロントガラスが凍結したときに使う解氷スプレーは自作できる?

車のフロントガラスが凍結したとき、解氷スプレーを使う方法が最も効果的な対処法と言われていますが、使う頻度が多くなると、その分、出費は増えてしまいます。

 

そこで、解氷スプレーの作り方をご紹介します。

 

【用意するもの】

 

■スプレーボトル

(100均で販売されているもので構いません)

■無水エタノール

(薬局で購入できます)

■水

(水道水で構いません)

 

【解氷スプレーの作り方】

 

解氷スプレーの作り方は、とても簡単です。

 

エタノール2に対して水1を混ぜるだけです。

 

500mlのスプレーボトルで作る場合は、スプレーボトルにエタノール300ml、水150mlを入れて混ぜたら完成です。

 

解氷スプレーを自作することにより、解氷スプレーを使い終わった後のゴミが出ないので、環境に優しいです。

 

また、販売されている解氷スプレーに比べて出費も抑えられるので、お財布にも優しいです。

車のフロントガラスの凍結防止に効果的な方法とは?

雪国に住んでいる私が、車のフロントガラスの凍結防止に効果的だと感じた方法をご紹介します。

 

それは、車のフロントガラスに凍結防止カバーを被せるという方法です。

 

私は、凍結防止カバーを使うようになってから、車のフロントガラスが凍結しなくなりました。

 

私の住居には、ガレージがないため、屋外に車を止めています。

 

凍結防止カバーを使う以前は、冬の朝、車のフロントガラスが凍結しているがほとんどでした。

 

しかも、雪国の冬の朝は、降った雪も一緒に凍結していることが多いので、解氷作業に時間がかかります。

 

毎朝、時間に追われながら解氷作業をしていました。

 

今は、凍結防止カバーのおかげで、冬の朝の解氷作業から解放されました。

 

凍結防止カバーは、カー用品店やホームセンターなどで購入できます。

 

1000円~2000円位で購入できます。

 

車のフロントガラスの凍結を防止するには、凍結防止カバーではなくても、古くなって使わなくなった毛布でも代用できます。

 

車のフロントガラスに毛布を被せておくことによって、凍結防止対策ができます。

まとめ

朝晩の冷え込みが厳しい時期に屋外に車を停めている場合、凍結防止カバーを使うことで車のフロントガラスの凍結を防ぐことができます。

 

私自身、凍結防止シートを使ったことによって、解氷作業時間がなくなり、冬の朝でも時間にゆとりを持てるようになりました。

 

今回の記事が少しでもお役に立てたら幸いです。

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: